所長挨拶


皆様の「かかりつけ健診機関」として

 当センターは、年間に人間ドックで約3万人、健康診断では施設内、施設外合わせて約12万人と多くの方にご利用していただいております。人間ドック・健康診断は受けて終わりではなく、再検査や精密検査が必要となった場合は確実に専門機関を受診することが大切です。生活習慣の改善に取り組み、毎年の健診でチェックを行うことで健康の維持、増進に繋げていただくといったサイクルが疾病の重症化予防には重要なこととなってきます。
 当センターでは「1次・2次・3次の包括的な健康支援」を基本方針に掲げ、早期治療が必要な疾病が疑われる場合には、専門の医療機関に紹介を行い、生活習慣病に関しては、再検査外来をはじめ重症化予防につながる外来診療を行っております。 今後とも、人間ドック・健康診断・外来診療を通じて、皆様の「かかりつけ健診機関」として、生涯を通じた健康支援を提供できる体制の整備を進めて参ります。

【予防医学に取り組み 40年】

 昨年、当センターは、おかげさまで創立40年目の節目を無事に迎えることができました。これもひとえに地域の皆様のお力添えのおかげと深く感謝いたします。
 さて、昭和53年のセンター開設から平成という変革の時代を経て、今年度から令和という新たな時代が始まります。この40年間の平均寿命の著しい伸長にみられるように、医学の進歩に伴い健康水準は飛躍的に向上しています。しかしながら、一方では人口の高齢化に伴い、糖尿病、がん、心臓病、脳卒中等に代表される生活習慣病の増加が大きな問題となっているのも事実です。特に熊本県は、生活習慣に起因する糖尿病患者の割合が全国平均よりも高く、中高年世代の4人に1人が糖尿病有病者もしくは予備軍といわれています。昨年策定された「第4次 くまもと21ヘルスプラン(熊本県健康増進計画)」の中でも「生活習慣病の発症予防と重症化防止」を重点施策のひとつとし、生活習慣の改善や運動習慣の定着等による「1次予防」により、自立した生活を送れる期間「健康寿命」の延伸及び生活の質の向上を目標としています。
 また、最近では自分の遺伝子を調べ「どのような病気になりやすい体質なのか」を知ることで体質に合わせて効果的に生活習慣を見直す「0次予防」という考えも生まれてきており、まずは発症を未然に防ぐための自助努力を行うことが重要です。そして、自助努力のサポート、自助努力では補えきれない部分をカバーするのが我々健診機関の役目だと考えます。
 これまで我々が40年間取組んできた「予防医学」への取り組みを活かしつつ、時代のトレンドや流行を取り入れながら環境を整備し、皆様に選んで良かったと思われる健診機関を目指します。そして、当センターの基本理念「Health for All, All for health -すべての人に健康を、健康に全力-」を実践すべく今後とも職員一同努力して参ります。

日本赤十字社熊本健康管理センター 所長 緒方康博(おがたやすひろ)
●社団法人日本循環器学会認定循環器専門医
●社団法人日本内科学会認定内科医

労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL