2020.02.14

最近、腰が痛い、背中が曲がってきた、すぐにつまずくなどということはありませんか?また、周囲にそんな方はいませんか?

骨の強度が低下してもろくなり、骨折しやすくなる病気「骨粗しょう症」や骨・関節・筋肉・神経などの運動器に障害が生じて移動機能が低下する「ロコモティブシンドローム(運動器症候群:通称「ロコモ」)」かもしれません。

骨粗しょう症は高齢の女性に多いと言われていますが、その他にも喫煙や飲酒、過度なダイエットをする方なども注意が必要です。
また、ロコモのように移動機能が低下すると、「立つ」、「歩く」といった日常生活に困難になり、進行すると介護・介助が必要になるリスクが高くなります。

当センターでは、熊本赤十字病院と共催でこれらの骨粗しょう症やロコモティブシンドロームの予防ために、今年も「貯骨っとセミナー」を企画しました。
お申し込みは、電話、FAX、メールで受付けており先着順となります。 皆様、ぜひご参加ください。

労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL